インプラント治療

京都亀岡 石川歯科 >インプラント治療

インプラント治療とは

インプラントイメージ歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことをいいます。
天然歯が虫歯や歯肉の病気、あるいは事故などで歯を失うなどの理由で歯の修復が必要とされた場合に顎骨にインプラントを埋め込みその上に歯を固定する治療法です。

インプラントは生体との親和性が高いチタンという金属で造られています。 チタンは長年の基礎的,臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり,また顎の骨がしっかりと結合すれば,その上には丈夫で安定した歯を作ることができます。

 

当院で実際に行ったインプラント治療のケース

インプラント治療: 歯を1本失ってしまったケース

 

 

術前: 歯がぐらぐらで噛めない状態
術後: 上顎はすべて抜歯してインプラントで修復 

当院で実際に行った全顎審美インプラントケース

 

術前: 全体的に歯周病が進行し、下顎の奥歯がなくて噛めない状況
術後: 下顎の奥歯をインプラントにて噛ませるようにして、前歯を審美的に治療した状況

石川歯科医院監修の京都インプラント通信へ